読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20歳・無職・時々旅人

20歳で無職な管理人「俺」が、時々している旅を永遠にしていくには?その他感じた事を書いてます。

あるカフェで、世の中の仕組みが間違っている事に気付いた。

 俺は今、カフェにいる。 目の前にあるのは、290円のオレンジジュースだ。 

そして、パソコンを開いている人・本や新聞を読んでいる人・おしゃべりをしている人。 カフェで見かける、いたって普通の光景。

 ただ、1つ違う事があった。 それは、従業員だ。

 そのカフェの名前をださせて貰うと、「ほっとはーと」という。 最初何が、ほっとはーとなんだ?と思っていたけど、入ってみてわかった。

 従業員に、ハンディキャップを負った人たちが働いていた。 俺は、いたって普通に「オレンジジュースを下さい。」と言って、290円払いイスに座ってる子の文を書いている。

 俺は、自分なりに普通にしたつもりだった。 いつも通り。 恐らく、俺以外の人達もそうしたに違いない。 だから、俺たちはここに座っている。

 でも、俺の心の中で何か変だと思った。 「なんで普通にしたんだろう?」と。
 ここで誤解しないで欲しいのは、ハンディキャップを負った人だから、特別優しくした。とか もっと軽蔑したらよかった。とかそんな事は決して言いたくは無い。という事。 

俺が言いたいのは、「普通にした」となぜ気持ちがそう思ったか?という事だ。 ハンディキャップや障がいは、「特徴だ」と言う人がいる。 

さて、ここで聞きたい。 何を持って「特徴」と言っているのだろうか。 ”普通の人と違うから。とか、普通の人に無いものを持っている、これは特徴なんだ。” と言っているように、俺には聞こえる。

 だから、俺たちは「普通」に接して、「普通」にしている。
 俺は、この考えは間違っていると思う。 みんな、誰もが「”そういった人達”には、優しくしなさい。普通に接する事が、1番よ。」と習ってきた。 

そういうのもあって、俺たちは普通にしている。 こういった考えを、心の根底に持ちながら。 

俺は、この仕組み自体が間違ってる、と言いたい。 そう教えた人は、”そういった人達”と”自分達”を区別しているから、そういった教えをしているんだ。

 元から、人間ってもんはみんな違っているから。 これを読んでいる人、隣を見て欲しい。 隣の人は、同じ顔をして、同じ考えを持っているだろうか? 1人で読んでいても、頭の中で考えて欲しい、他人が自分と同じか、どうかを。

 根底には、違った人。と見ているから「普通に接しなさい。」なんて言葉が言えるんだ。 と、俺は思う。 

解決策なんて、俺にはわからない。 ただ、この今の気持ちを書き残したかっただけなんだ。 俺達が根底に思っている、その仕組み自体に問題がある。 

 「何、たかが20歳の分際で!」とか、どうでもいいやろ。 俺のブログは今の段階では、誰にも見られていない。 見られるようになった、としても自分が書きたい事を書くのか、ブログじゃないだろうか。 

 最後に、みんなが違っていても、オレンジジュースはいつもの様に美味しい。

高校2年、揺れる『モノ』に踊らされた部活動。

はてなブログには、毎週「お題」というものが、発表されるらしい。

せっかく、ブログを始めたのだからこのお題についての記事も、書いていこうと思う、


今週のお題

部活動


と、いう事なので。

部活動について、何か思い出に残っている事を書きたいと思う。

前回の記事では、『旅について』や『色んなビジネス』を発信する。と言っていたが、もうグダグダである。

それでも良いじゃないか。

だって、人間だもの。

もうこの、「だって」を読んだ瞬間にみつを大先生が出てきた人とは、友達になれる気がする、いや、しない。


中学の時は、バスケットボール部

高校の時は、アメリカンフットボール部。

と、どちらも日本ではマイナーな部活でどちらもキャプテンをするという、学校ではメジャー的な存在であった俺。


ただ、中高合わせて6年間の部活動の思い出を話し出すと、もう永遠に話せてしまい逆に申し訳ないので、今回は高校2年生。思春期真っ只中だった頃の話をしようと思う。


・・あれは、twitterfacebookが流行る前、当時俺の周りではmixiと、言われるものが流行っていた時代の頃である。

俺は、かなりのヤンキー校だったにも関わらず(何をもって関わらず、かはわからないが)それをもっていないと、相手にされない感じだった。


つぶやきに対して、”いいね”や”コメント”が出来るようになっており、携帯を持ち出す高校生には1つの連絡手段として使われていた。

当時の俺も、そんな波に当然のごとく乗っかっていた、むしろ波を作っていた勢いだ。

週の終わりには、日記を書いて。

そして、1日に2〜3回ほどつぶやく。

まるで、学祭起業家のごとく。

”足跡機能”というもので、「今日はこんな人達が、俺のアカウントに来たんかー。」といちいちチェックしていた。


そんな高校生活を送っていて、新入生が入ってきた時の事。

俺達、アメリカンフットボールはグランドの真ん中を陣取って、我が物顔で練習。

その横で、陸上部が走る。そんなグランド構造だ。恐らくだが、陸上部の奴らは絶対アメフト部の事は良く思っていない。


そんな陸上部に、新入生の中に可愛くて、とてつもなく巨乳な子が入ってきた事が、性欲の猿であった俺達の耳に入って来ない訳がなかった。


その子が走る度に、その揺れる乳房に俺の心も揺れてしまい、激しく体と体がぶつかり合うスポーツなのに、パンツと股間が激しくぶつかっていた。

しかし、俺はキャプテン。チームを引っ張っていかなければいけない為、あえて膝に手をついて、そのぶつかり合っている様を見せない様に仲間を鼓舞する。


悶々とした気持ちのまま、帰宅していつもの様に足跡機能を見てみると、、

なんと!その子がいるじゃないか。

「うわ!これは、、やばいやばい。でも、待てよ、たまたま俺のアカウントに来ただけかも知れへんな。ここは、俺も1回その子のアカウントに足跡を残しておいて、、」

あの巨乳をモノに出来るかも知れない。という99%不純、1%下心な気持ちでその日を終える。


次の日も練習が終わって見てみると、その子から足跡が。

2秒で友達申請を送り、その5分後くらいに申請がokだったので、メッセージを送る事に。


「やっほ!!初めまして〜!アメフト部の俺ですー!」みたいなアホらしい、礼儀もクソもない文だったと思う。


そしたら、「あー!申請ありがとうございますっ♪憧れの先輩だー!」って。


長いな、、。読むの疲れるでしょ。

結論から言おうか。

付き合ったさ、色んな意味で。

部活しながら、目があったら笑いあって。

絵に描いたような、カップルだったと自負している。


しかしな、ここで重要な事が。

その巨乳娘、学校のドン(1番いかつい奴)の妹だという事が判明。


バレて、そのドンから顔面に一発くらって別れら羽目に。。。

高校時代、そして部活をしている中での思い出。










自己紹介と、このブログについて。

2018年、5月27日。

午前3時52分。


俺は今、ベットで横になりながらこの記事を書いている、腰らへんが痒かったので書きながら、掻いている。



プロフィール


20歳で早くも「無職」

どうなるのだろうか、60歳が定年とされていた10年前。65歳が定年とされている今。そして、70歳が定年になるであろう未来。

そんな決まってしまった、決まるであろう世の中のレールから一足先に、抜け出したのが、、

そう、管理人の「俺」だ。

続きを読む